フォンス・フローリス古楽院

フォンス・フローリス古楽院は、西欧中世・ルネサンス・バロックの時代の音楽を、主に歌のアンサンブルを中心として実践する人たちのための学びの場です。古い音楽にふさわしい発声の基本、記譜法、声と声によるアンサンブル、言語の感覚、音楽史の知識、そして古い音楽の持つ深い霊性と高貴な精神性を、様々な楽曲を通して、ともに楽しみながら学んでいきましょう。

講座の様子をお知らせする フォンス・フローリス古楽院ブログ もぜひご覧ください。

長野・関西・名古屋の夏期集中講座のご案内はこちら
合唱音楽ワークショップ 夏期集中講座


☆お知らせ:2018年度の募集要項が発表されました。


2018年度受講生募集中です。
古楽院講座で西洋音楽の源泉を学んでみませんか?
東京講座では、特に「グレゴリオ聖歌入門」と「ルネサンス音楽入門」がお勧めです。
その他、音楽史講義「ピエール・ド・ラリューの音楽」、「合唱のための発声法」は、
2回目からの受講もお申込み頂けます。

詳細は下記講座案内をご覧下さい。お申し込みをお待ちしております。

2018年度 東京講座案内2018年度 関西講座案内講師プロフィール|PDF版(東京関西