古楽アンサンブル「コントラポント」は、17世紀を中心にその前後数十年、後期ルネサンスからバロックにかけての宗教音楽をレパートリーとした声楽器楽アンサンブルです

プロフィール

■古楽アンサンブル コントラポント Contraponto


花井哲郎をリーダーとして2005年に結成された古楽声楽家、古楽器奏者によるアンサンブル。主に17世紀を中心とした後期ルネサンスからバロックの宗教音楽をレパートリーとする。「コントラポント」Contrapontoとは「対位法」を意味する古いイタリア語。この時代においても教会音楽の基盤であった技法として、このアンサンブルの演奏アプローチの一面も象徴している。声楽家と器楽奏者が音そのものに対するイメージを共有し、各自の独創性を生かしながらも「対位法的に」一体となった演奏を目指している。プログラムにより各パート一人ずつのアンサンブルから、バロック・オーケストラと独唱・合唱という形態まで、作品と時代様式にふさわしい編成をとる。
これまで自主公演のほか、目白バ・ロック音楽祭、NECレクチャーコンサートなどに出演、モンテヴェルディを中心としたイタリア初期バロック、シャルパンティエ、ド・ラランド、ラモーやカンプラなどフランス・バロック、シュッツを始めとした17世紀ドイツの3大S、スペインのビリャンシーコ、南米バロック時代のイエズス会宣教師の音楽などを手がけてきている。

■コントラポントの特徴


【1】基本的に各パート一人ずつの編成で、比較的声部数の多い、編成の大きめの宗教曲を中心に演奏していきます。独唱、合唱、オーケストラ、という近代的な演奏形態では捉えることの出来ない時代の音楽を、声楽家と器楽演奏家が、音そのものに対するイメージを共有しながら一体となって演奏していくという、新しいスタイルのアンサンブルを目指します。
【2】各自のヴィルトゥオーゾな面を生かしながらも、ルネサンス・ポリフォニーからのアプローチや、言葉やそれが持つアフェクト(情感)に適した表現を追求します。
【3】メンバー各自が既存の演奏スタイルで勝負するのではなく、作品にふさわしいサウンドを模索し築きあげていくという、本格的な音楽づくりを目標とします。
【4】日本で演奏される機会の少ない、フランス・バロックの宗教音楽もレパートリーとして積極的に取り上げる。多くの作品はグラン・モテと呼ばれ、独唱、合唱、管弦楽による一種の教会カンタータである。その演奏に際しては、ヴェルサイユの楽団を想定した、器楽・声楽合わせて30人から40人の編成で演奏。

■リーダー花井哲郎のプロフィール



1960年東京生まれ。幼少より音楽家の両親にピアノ、ヴァイオリンなど音楽の手ほどきを受ける。オルガンを植田義子氏、チェンバロを渡邊順生氏、声楽を橋本周子氏、指揮法を高階正光氏にそれぞれ師事。早稲田大学第一文学部哲学専攻卒業。アムステルダム・スウェーリンク音楽院にて、オルガンとチェンバロを学ぶ。ロッテルダム音楽院において合唱指揮と管弦楽指揮のディプロマを取得。またブラバント音楽院にて古楽声楽アンサンブルをレベッカ・ステュワートに師事。滞欧中教会音楽家、合唱指揮者として宗教曲を多数演奏。また鍵盤楽器奏者としても演奏活動を行い、オランダの古楽アンサンブル「スーパーリブルム」に参加、オルガネット奏者として欧州各地で演奏、録音を行う。アムステルダム・スコラ・カントールムの一員としてグレゴリオ聖歌の研究・演奏活動にも従事する。
1997年東京にて「ヴォーカル・アンサンブル カペラ」を創設、定期的に公演、ワークショップなどを行い、グレゴリオ聖歌とルネサンス音楽の演奏と普及に努める。また、「アンサンブル・デュファイ」を主宰、中世・ルネサンスの世俗歌曲の演奏も手がける。様々な古楽アンサンブル、合唱団、管弦楽団などを指導。フォンス・フローリス古楽院院長、国立音楽大学講師。
→花井哲郎ホームページへ